ブログトップ

ちょっと待って、新東名(第二東名)

dainitoume.exblog.jp

伊勢原市における第二東名建設の経過、情報、個人的意見を載せていきます

衆議院選挙

 衆議院の選挙が近づいてきた。
 第二東名(新東名)反対の私は、その観点からも政治家を見る。消費税増税を主張する人たちは、まず、推進派だと思っていい。社会保障のシステムを論議もせず、増税する連中は、無駄な公共工事に、第二東名に、税金を流すに決まっている。愛国を口にしても、税金を無駄な公共工事につぎ込もうとする人たちは、真の愛国者とは言えないと思う。だって国民の多くは、貧困に苦しんでいるんだ。貧しい国民から税を吸い取って無駄な公共工事に費やすなら一体どんな愛国なんだ。愛利権だろと言いたくなる。

 今まで私は、小泉元首相にだまされ、民主党にだまされた。
 小泉さんは、道路公団を民営化して無駄な工事はさせないといったけど、高速道路保有債務返済機構を作って税金を流すシステムを作ったのは、前回に説明した通り。
  民主党は、官僚の無駄を無くすといったけど、結局、社会保障は議論せず、増税して、その金を無駄な公共工事に流そうとしている。
 
 私はだまされた。

 結局、この国は国家官僚が動かしているのであって、政治家は法律もろくに作れない。国会は立法府なのに。官僚が法律を作り、その法律を行政で動かしている。官僚は自分たちに都合がいい法律を作るに決まっている。政治家には法律を作る能力がない。絶望的な気持ちだ。

 亀井静香という人がいる。この人は元道路族のドンだった人だ。昔は私はこの人の写真を見て、「くそったれ。お前が第二東名を作ろうとしているのか。」と内心毒づいていた。ある時、この人が「自分の尊敬する人は、大塩平八郎とチェゲバラ」と言っているのを雑誌で読んで驚いた。大塩平八郎は、知っている人もいると思うけど、江戸時代に、幕府の搾取で苦しんでいる人民のために自分の財産を投げ打って、米を買って配り、それでも駄目だから幕府への反乱を企てて、見つかって処刑された人なのだ。
 チェゲバラは言うまでもなくキューバ革命のリーダーで献身的な理想主義的な革命家だ。革命のために死んでしまったけど。
 「なんで、道路族のドンがゲバラと大塩平八郎なんだよ」と私は思っていました。

 ところが亀井さんは、その後自民党を辞めてしまい、道路族のドンもやめてしまった。
 私は、これはすごいと思う。今だって、無駄な道路建設は進んでいるから、道路族のドンは、儲かると思う。彼は、その座も、そこでの人間関係も、捨てたのだ。
 そして今、亀井さんは、反原発、反TTP,反増税だ。
 ちょっと大塩平八郎的かも、ゲバラっぽいかもと思う。
 陰ながら、「亀井さん、がんばれ」と思っています。
[PR]
by chottodainitoumei | 2012-11-27 23:11