「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

ちょっと待って、新東名(第二東名)

dainitoume.exblog.jp

伊勢原市における第二東名建設の経過、情報、個人的意見を載せていきます

 「ここまでできたら、反対しても仕方ないんじゃないの?もう第二東名を作ってしまうしかないんじゃないの?」という問いかけをいただいた。
 それへの感想を書きます。
 遅くなってすみません。

 私が第二東名(新東名)に反対しているのは、いろいろ理由がありますが、箇条書きにすると以下です。

 日本国が莫大ない借金をもっているのに、建設に10兆円もの借金をして、通行料で借金の利子程度しか払えず子孫の借金に残るという理由。
 しかも少子高齢化で、これ以上の高速道路は無駄になるという理由。
 伊勢原の自然環境が好きでそれが壊されたくないという環境的理由。
 これからの日本は、高度経済成長的な発想ではなく、農業や市民の普通の暮らしの豊かさを追求していくべきだし、伊勢原の農業や生活は大切にしていかなければならないと思う理由。
 
 そうした理由で反対しています。
 これは、途中までできたからとか、そういう理由で変わる話ではない。
 上記の私の理由がすべて、間違っていると、誰かが反論して、私が納得すれば、意見を変えるでしょう。

 しかし、それ以外の理由で、意見を変えるのはおかしいでしょう。
 言論は言論で議論すべきで、現実が変わっても、言論を変える必要はないと思います。

 例えば、私の目の前で、ある人がナイフを持って、別の誰かを刺して殺そうとしたら、どんなに寸前になっても「殺すべきでない」という意見を変えてはいけないし、もし、殺してしまったら「殺すべきではなかった」というしかないでしょう。
 殺す前は殺人はしてはいけないことだったけど、現実に殺人が起きてしまったから、殺人が正しいことになることはありえないでしょう。

 間違いは、現実に実行されても間違いであることに変わりはありません。

 だから私は、第二東名(新東名)がもし完成しても、建設反対の意見を変えるつもりはありません。
 言い方は「第二東名は作るべきではなかった。作ったのは間違いだった」という言い方になるでしょうが。

 言論で私の上記の意見を批判して、私が納得したら、変えるでしょうが、そうでなければ、私は意見を変えません。

 第二東名(新東名)建設反対は、そういう意味で、思想の問題といっていいかもしれません。

 2007年5月の写真
 
e0210728_19195985.jpg

[PR]
# by chottodainitoumei | 2014-02-05 19:20
 中日本高速道路株式会社の情報公開がひどい。
 一般市民の情報公開など無視して構わないと考えているようだ。

 私は平成24年9月に情報公開の書類を送った。

 その間、平成26年1月現在まで、ずっと、やりとりを続けてきた。1年4か月まともな対応をしてもらってない。
「すぐできます。」「来週送ります」、電話でそんな回答ばかり。

 平成25年12月に一応、情報公開の書類を送ってきた。

 それがひどすぎる内容だった。
 
 まず、公印が押されていない。
 
 ありえないだろう。

 情報公開で公印がないなんて。公式に組織が認めていない書類を担当が送ったのだ。
 担当者が勝手に作って送ったのか?
 公文書偽造レベル、犯罪レベルの行為だ。
 

 次に私の書類の求めが、平成25年11月21日になっている。
 私が送ったのは平成24年9月だ。
 その間、1年以上の間、書類を眠らせてきたのか?電話だってしてきたのに。


 あきれて物も言えない。

 また内容もひどい。
 平成24年度の工事予定の情報公開を依頼したのに、答えが、平成25年の時点。
 なのに平成24年の工事予定について、
 「入札の透明性・競争性の確保等に支障をきたすので不開示」との答え。
 馬鹿にするな!!
 平成24年の工事の入札を平成25年11月以降にするつもりか?
 時間経過を考えろ!!
 去年の工事の入札を、来年するのか。

 



 このように、中日本高速道路株式会社は、一般市民の情報公開など、全く対応する気がないのだ。

 私は、怒りの電話をかけた。

 私だって怒りたくないよ。普通にしてくれよ。

 以下は、前の記事の写真の反対側。
 こんもりとした樹の生えた丘が丸坊主。

 
e0210728_19104868.jpg

[PR]
# by chottodainitoumei | 2014-01-29 19:15
 伊勢原での第二東名(新東名)の工事がちゃくちゃくと進んでいる。
 以下は伊勢原市上粕屋、2005年2月の風景。右には手前に梨畑と右奥に屋敷森があった。
e0210728_16244376.jpg


 平成26年1月29日風景、一部の金持ちのために自然と生活と環境が破壊されている。
e0210728_16274840.jpg

[PR]
# by chottodainitoumei | 2014-01-29 16:29
 市役所を介したりして、中日本高速道路株式会社厚木工事事務所に今後の工事予定の説明を求めたところ。応じて貰えました。
 平成25年9月。

 前回、情報が得られない件で、暴言めいた内容を書いたことについては、謝罪し、取り消します。

 (ただ東京支社の情報公開担当の不手際はひどいと思う。もっと早く厚木事務所に話を回していたら、早く情報を得られてのに。また、去年の9月の情報公開請求の書類が出すといっていて、まだ手元に来ない。これはひどいでしょう)

  今後の工事予定 


 伊勢原の工事は東工事区と西工事区の二つに分かれています。
 西工事区は、子易にできるトンネル(秦野に続く)から伊勢原ジャンクション(現東名との交差部分)の手前まで。
 東工事区は、伊勢原ジャンクションから厚木まで、です。

 工事完成は今までどおり、平成30年を目指しています。


1 東・西の各工事区の進捗情況、予定

 西工事区(子易、上粕屋、東富岡など)は今後、今年度に工事会社を入札します。入札後、来年度から工事開始。但し、大山街道から鈴川の間は先行的に工事をし、橋脚を作っていくとのこと。

 東工事区(粟窪、下糟屋、見附島など)では、下部工の工事(地下の土台と橋脚の工事)が開始されているところもある。
 伊勢原ジャンクションは平成25年4月に契約し、9月から工事開始。
 高森では高架の下部工工事が測量し、9月から工事開始。
 下糟屋の県道の上を通る地区は6月から工事開始。
 小田急線を境に厚木側の、下糟屋~石田では今年度入札で来年度に工事開始。

2 工事の曜日・時間
 月曜日から金曜日の8:00~17:00は工事を行う。日曜日は基本的には行わない。土曜日は終日やる可能性はある。


3 工事中に予想される影響
 一般的には工事の騒音、粉塵、振動などが予想される。
 橋脚を作る際、杭を打ち込むなどはしない。穴を掘り鉄筋を差し込む方式。穴を掘る際にドリルの音が響く可能性あり。

4 トンネル土砂の処分 
 上粕屋のインターチェンジで料金所の下付近は土盛り構造になる予定で、そこに全部のトンネル土砂を利用する予定。他の地区に持って行って処分はしない。
 平成16年度の情報公開で出された、大井町山田地区、秦野市加茂川地区には持っていかないとのこと。
[PR]
# by chottodainitoumei | 2013-09-27 21:15
 中日本高速道路株式会社厚木事務所に、7月のジャンクション説明会の参加希望を伝えたところ、却下された。
 住んでいる場所が離れているからとの説明。ジャンクションから車で10分、インターチェンジから歩いて5分に住んでいる人間でも地元民とは見なされないらしい。

 市の国県対策課、環境対策課を通じて、中日本高速道路株式会社に、地域住民として参加したいと伝えて欲しいと依頼した。
 返答は、NO。
 これは自治会の決まったメンバーのみの参加する会なのだと。
 その他に、住民への説明会を行う予定はないようだ。

 私の属する環境団体の人が、再度、市に「一般住民向けの説明会をしないのか」と問い合わせたら、中日本高速道路株式会社は、「するつもりがない」と言っているとのこと。

 
 中日本高速道路株式会社に依頼した情報公開。
 今年、2013年5月15日に「全件、送る」と返答をもらって、まだ、来ない。
 7月26日に確認電話をしたら、「もう送ったはずですが」という。
 「届いていません」と伝えた。
 「調べときます」と言ったが、未だに返事ない。今日、問い合わせたら、担当者不在。
 この情報公開は昨年の9月に依頼したもの。もうすぐ1年になる。

 一般市民へは情報を伝えず、道路は建設していく。
 情報公開の書類一枚、ろくに作らない。
 一般市民への説明会、一つしない。

 保有債務返済機構が国に借金して作るのに、国民には説明が何もない。

 何なんだ。これは?

 
 
[PR]
# by chottodainitoumei | 2013-08-16 12:09